ペットの墓地を安く購入できる東京の霊園

東京でオリジナル墓地を作ってくれる霊園を紹介します

東京の霊園ではペットのセレモニーも行う事ができます

By on 2016年7月29日

霊園は墓地の名称として使われる言葉ですが、昔ながらの墓地のものから新しく作られ公園のように整備された墓地までさまざまです。特に公営霊園の場合には現在では新規に作られることは、現在作られている新しいものとしてはほとんどは民営霊園となっています。霊園のメリットとしては、ほとんどのところで宗旨・宗派不問のところが多く、墓地購入費のほか年間の管理費を支払うことで利用することができます。また会館などを有しているところもあり、その場合にはセレモニーも行うことが可能です。一般に霊園といえば、人間だけといったイメージがありますが、東京など大都会ではペットも利用することができるところもありますし、またペット専門の霊園も存在しており火葬設備がある場所ではセレモニーも行うことができます。

東京でペットのセレモニーをするには

東京でペットが死んでしまった場合には、地方自治体に依頼して処分をしてもらうか、専門の業者に依頼して火葬してもらうかの2つの選択肢があります。地方自治体の場合には自治体によって、その内容がまったく異なり、そのまま一般ごみとして処分されるところもあればペット専用の施設で火葬され合同葬されるところもあります。自治体の場合には個別火葬には対応していないのですべて合同火葬となり費用が安いですが返骨は返却されません。一方で専門の業者に依頼した場合にはさまざまなプランが用意されており、合同火葬の場合には費用も低めです。また個別火葬の場合には費用がやや高くなりますが返骨されます。専門の業者では斎場だけを行っているところもあれば霊園を経営しているところもあり、霊園の場合にはお墓を建てることもできます。

セレモニーにかかる費用の相場について

ペットのセレモニーにかかる費用の相場は、そのペットの大きさで変わってきます。合同葬の場合には小動物であれば1万円から2万円程度で行ってくれますが、体重が25キロを超えるような大型犬の場合には3万円から5万円程度になります。個別に火葬し返骨をするプランでは、合同葬をするのに対してプラスして1万円から2万円程度で行ってくれます。一方で、これらは火葬にかかる費用であり、お墓を建てる場合には別の費用が必要です。納骨堂に収める場合には年間1万円から数万円程度です。本格的なお墓を作る場合には、10万円から数十万円が一般的です。ただし人間同様の墓を建てる場合には、20万円以上は必要です。またお墓を管理してもらうための管理費も年に数万円程度支払う必要があります。