ペットの墓地を安く購入できる東京の霊園

東京でオリジナル墓地を作ってくれる霊園を紹介します

東京の霊園ではペットの永代供養も行っています

By on 2016年7月29日

最近はペットを家族の一員として考えている人が多く、ペットの急病を理由に仕事を休む人が増えているなど、ペットの地位が以前に比べればかなり上がっています。しかし、仮にペットが亡くなった場合、一般廃棄物という扱いとなってしまうため、処分方法はかなり限定されます。遺骨だけ残す場合にしても、そこまでの対応をしてくれる自治体はかなり限られており、自宅の庭に埋めるなどのことが現実的です。東京の場合、ペットを飼っている人の多くが庭で埋めるほどの広さがないところで住んでおり、亡くなってしまってからが大変です。このため、東京の霊園にはペットの永代供養を行っているところがいくつもあり、亡くなった際にはペット法要、人が亡くなった時と同じような葬儀などを行ってくれるところが存在します。

大まかに3種類あるペットに関する葬儀

ペットに関する葬儀は大まかに分けて3種類あります。1つ目は個別葬儀と呼ばれるものです。家族が同席して行う葬儀であり、僧侶が同伴して供養を行い、骨を拾うのも遺族が行うことができます。霊園によっては、移動できる火葬車が自宅にやってきて、そこで火葬が行われる場合もあります。次に個別一任葬儀です。個別に火葬は行うことができるものの、立ち会うことはできず、ペットの遺体を業者などに渡した後はすべて一任し、骨が返ってくるのを待つというものです。最後に合同葬儀はペットの遺体を預かり、一定のペットの遺体が集まってから火葬を行うというもので、遺骨の返却はありません。値段は当然のことながら個別葬儀が最も高く、合同葬儀が一番安くなっており、どれを選ぶかは人それぞれです。

ペットならどんなものでも供養できる東京の霊園

ペットといっても幅広いペットが飼育されており、犬や猫などはもちろんのこと、鳥やハムスター、それ以外の動物も対象となっています。霊園の中には、東京都内の小学校中学校で飼育され、亡くなってしまった動物を無料で引き取り、火葬しているところも存在します。人間同様、法要も行われており、一周忌や三回忌、お彼岸などの法要に関する連絡も行くようになっています。永代供養をしているお墓にも24時間行ける霊園も存在し、その内容は霊園によって様々です。ペットとはいえ、長い間苦楽を共にした家族であることに間違いはありません。そんな家族の一員がこの世を去り、その悲しみは相当なものです。永代供養をしてあげることがそのペットにとってもいいことであり、悲しみを忘れるという点でもしなければなりません。